2017FIMジュニアワールドチャンピオンシップ終了

S__49938479

 

S__49938485

【EMX125 クラス】
#111 NAITO RYUSEY
予選敗退 LCQ15位

 

 

 

 

S__49938484

【EMX125 クラス】
#122KAMODA KAKERU
予選敗退 LCQ20位

 

 

 

 

S__49987613【EMX85クラス】
#31 HAKAMATA TETSUYA
予選敗退 LCQ7位

 

 

 

 

S__49938481【EMX65クラス】
#28 SAKATA YAMATO
予選通過 16位
決勝ヒート1 32位
決勝ヒート2 28位
総合 31位

 

 

S__49938475【EMX65クラス】
#55 TANAKA JYUNYA
予選通過 8位
決勝ヒート1 34位
決勝ヒート2 14位
総合20位

 

 

結果としては惨敗と捉えられても仕方の無い結果となりましたが今回の挑戦に至るまでの準備やライダー達の取組など国内では得難い貴重な経験を積む事が出来た事は残した順位以上の価値があると思います。

又 国内の順位は日本のモトクロスにおけるジュニアの育成プログラムのレベルをあらわしたものであり この結果を糧にできるようこれからも世界で戦えるライダー達を輩出 できるよう全力で頑張りたいと思います。 この世界大会にご協力頂きました各スポンサーの皆様方とご支援ご協力頂きました関係者の皆様方ありがとうございました。

TEAM JAPAN 監督 元木 龍幸